雨の予報だったのですが、奇跡的に晴れた春のある日、道立近代美術館にブリヂストン美術館展を見に行きました。


工事中のため休館中のブリヂストン美術館。その間を縫って、貴重な作品たちが北海道に集まっていました。

図録はもちろん購入。

それでは購入したグッズたちを紹介しましょう。まずはブックマーカー。額縁風のデザインになっていて、中の絵が異なる3種類ほどありました。

そしてこちらが目玉商品のチョコクッキー。モネの「睡蓮」があしらわれたオリジナルパッケージです。

今回ちょっと気になったのが、同じく睡蓮のマスキングテープ。

こちらがですね、私の説明ではちょっとわかりにくいかもしれないのですが…三分割されている睡蓮の絵と、ミニサイズの睡蓮の絵が連続で繋がっていて、三分割の部分を繋げると一枚の睡蓮の絵になるらしいのですが…

いやもう、どこがどこだかわからんわ!!何でマスキングテープにしたのだろう…無理せずシールにすれば良かったのに…。もしくは1枚ずつシールのように剥がれるマスキングテープにするとか…。

と、ちょっと疑問が湧き出るグッズになりました。

個人的にはこの青木繁の「海の幸」を太めのマスキングテープにして欲しかったところ。横長の作品だし、いいと思うんだけどなぁ。

いかがでしたか?マスキングテープについては思うところが多々あるので、近々自分の考えをまとめてみたいと思います。

それではまた次回!

—————————————————

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。

にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ

にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ