ここ数日は札幌も晴天が続き、雪もすっかり溶けてきました。雪が溶けると言う事は、娘は石を拾って帰ってくる日がまた始まったと言うことです。そう、娘は石が好きで、鉱物に目がない女子なのです。

ということで、この休日にサイクリングがてら「地図と鉱石の山の手博物館」に家族で行ってきました。今回は鉱物多めでお送りいたします。


鉱物の本の巻末によく名前が載っているこの館。扉を開けるとといきなり大量の鉱物が私たちを迎えてくれます。

「札幌の周りでこんなに素敵なのが採れるんだー!」と娘の目はらんらん。

写真 2018-04-19 23 29 05写真 2018-04-19 23 22 28

もちろん大人の私も楽しめます。とにかく大量の鉱物!岩石!寄贈されたものも多いようです。

蛍光鉱物にウキウキの娘。ブラックライトに当てると鉱物の色が変わって見えるのです。

誕生石のコーナーで宝石の美しさにも触れつつ…

やはり楽しいのは、鉱物を直接触れるコーナーのようです。

キラキラの見た目とは裏腹に、ズッシリと重たかった黄鉄鉱。

マインクラフトでお馴染みの黒曜石。ゲームを通じて鉱物を知るのもまた面白いですね。実際の黒曜石を見せることができて面白かったです。

触るときは鋭いのでお気をつけて。

そして娘のお気に入りがこの方鉛鉱。「これ!マリオオデッセイに出てきた月の石じゃない!?絶対この石をモデルにしたんだよ!」と娘大興奮。本当にそうなのかな?教えて任天堂さん!

受付に小さなショップがあったので、鉱物の写真を購入。三葉虫とアクアマリン、黄鉄鉱です。

そしてやっぱり娘はこういうのを購入していました。かなりお気に入りのようです。

説明書を読みながら、枕元に置いて眺めて眠りにつきました。よっぽど気に行ったようで何よりです。

いかがでしたか?鉱物好きは見逃せないこちらの館。こんどは道外の鉱物を扱う博物館にも親子で行きたいな。

ではまた次回!

—————————————————

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。

にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ

にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ

にほんブログ村 美術ブログへ