写真 2018-02-25 13 22 46

もう1ヶ月近く前になりますが、札幌芸術の森美術館に「新海誠展」を見に行ってきました。

娘が新海誠の作品が好きなので連れて行きました。そこで思わぬ面白いオリジナルグッズに出会えたので、ここでご紹介!

写真 2018-02-25 20 54 23

まずはこちら。「君の名は。」で主人公のうちの1人、三葉ちゃんが付けていた組紐です。

これが何と刺繍シールに。細部まで刺繍で丁寧に表現されていました。

写真 2018-02-25 20 54 49

そして、ちょっとお値段張ったのですがこちらを購入。

建築模型に添える、紙でできた人物などの模型で有名なテラダモケイです。こちらの何と「秒速5センチメートル」バージョンができたのでした。

写真 2018-02-25 20 55 12写真 2018-02-25 20 55 01

ハラハラと舞う桜や、冬に積もる雪、寄り添っては離れるもどかしい主人公の2人の姿。それらが繊細に表現されていました。

もうひとつ購入して組み立てようか、ちょっと迷いましたね…

写真 2018-02-25 20 54 10

そしてbandeのマスキングテープ。1枚ずつめくれることで有名なこちらのメーカーにマスキングテープ。

今回は「言の葉の庭」をテーマに、美しい新緑が再現されました。

写真 2018-02-25 20 55 23

ポストカードも今回はちょっと変わり種を購入してみました。まずは正方形のポストカードです。

Instagramの普及によって写真=正方形と言うイメージが結構定着しているように思います。

ですので、このような正方形のポストカードがミュージアムグッズで普及してきても全然不自然じゃないですよね。写真 2018-02-25 20 55 34

そしてこちらかなり大きい横長のポストカードです。「星を追う子ども」を見た方ならわかるこの風景です。

写真 2018-02-25 20 55 48

作品内でもかなりのスケールで描かれる風景ですが、ポストカードでそれを表現するために、こんな横長の大きなポストカードが生み出されていました。

もちろん定形外で貰った方はビックリしてしまいそうですが、あの映画のワンシーンがいつまでも胸に残る素敵なグッズですね。

いかがでしたか。展覧会が終わった後のレビューで恐縮です!順次東京の方へも展覧会は巡回しますので、興味のある方は是非ミュージアムショップを覗いてみましょう!

また次回!