先日、AOMORI トリエンナーレ2017に行ってきたわけですが、そのグッズがなかなかに独創的で…!

規模も大きくないトリエンナーレなのに、よく見かける、ポストカード、タオル、クリアファイル、缶バッチ…だけじゃないラインナップにびっくりしたのでご紹介します。

AOMORIトリエンナーレ2017
方志功をはじめとした重要な版画家を多く輩出し、古くから版画文化を育んできた青森市。その青森市からさらに新しい芸術が芽生えることを願うと同時に、市民が優れた作...

 

写真 2018-03-04 11 03 57

まずはいきなりこのキャップ。

写真 2018-03-04 11 04 20

はい、トリエンナーレのマスコットキャラクターの煮干しです!口が青森のAになっていますね。刺繍が施されていて、シンプルなキャップですが何とも愛おしい…

芸術祭のグッズで衣料品といえばTシャツが多いと思いますが、こんなキャップは珍しいですね。

写真 2018-03-04 11 49 39

このトリエンナーレは真冬にスタートしたので、メインビジュアルも吹雪。

殴り書きのように見えますが、北国の人間にはわかる…この絵がブリザードに見えるんです…。

それでいてこんなにオシャレなのがすごいですね。よく吹雪をこんな素敵なデザインにしたなぁと。

写真 2018-03-04 11 04 36

煮干しはキーホルダーにもなっていました。

写真 2018-03-04 11 04 52

ちょっと手作り感が出ていますが、私はこれくらいの方が好き…

写真 2018-03-04 11 05 04

続いては私のいちばん好きなグッズ。パッケージがかわいいこれ、何だと思いますか?ヒントはこのパンです。

写真 2018-03-04 11 05 17

ヒント2つ目はこちら。青森県の形って、何かに似ていませんかねー?

写真 2018-03-04 11 05 30

じゃじゃん!中身はこちら、金属製の青森県。使い方は…

写真 2018-03-04 11 05 40

こんな風にパンの袋を留めるあれ、バッグ・クロージャーです。

まさかこれがグッズとして出てくるなんて、アイデアに乾杯です。作り手の自由な発想が素晴らしい、と手にしたときに感動してしまいました。

写真 2018-03-04 11 05 50

ポストカードもちょっとレトロな青写真風ですね。

このレトロさが、青森の地域に横たわる歴史の積み重ねのようにも感じますし、そもそも冬の景色ってこんな風に空気が澄んで、青写真っぽく見えますしね。

写真 2018-03-04 11 06 11

缶バッジにも煮干しと吹雪とロゴが。

左の煮干しの缶バッジは、SNSにインフォメーションセンターの吹雪のオブジェの作品を載せたらもらえました。この広報はいいですね。缶バッジも選ばせてもらえたしラッキーでした。

いかがでしたか?このトリエンナーレのグッズの独創性と、ビジュアルの素晴らしさ、私がこれまで行った芸術祭の中で一番好きです(や、そんなにたくさん行っているわけではなかったのですが)。

このトリエンナーレは何と本日まで!グッズたくさん買えてよかった…次回のトリエンナーレのグッズも楽しみです!