今回は大倉集古館で購入したクリアファイルと一筆箋をご紹介します。

大倉集古館
港区虎ノ門の美術館。大倉集古館は明治から大正時代にかけて活躍した実業家・大倉喜八郎が設立した日本初の私立美術館です。約2500件の美術・工芸品と約1000部の漢籍を...

 

こちらは能装束「鬱金地垣に夕顔模様縫箔」のクリアファイルです。

大倉集古館は日本、東洋の古美術品のコレクションが豊富で、私は中でも能装束が豊富なところが好きなんですよね。私は特にこの装束が好きです。

こちらは能装束「白地石畳に菊唐草模様唐織」の一部を使った一筆箋です。

一筆箋は結構各地のミュージアムショップで取り扱いがあり、このような上品なものが結構揃っているのでオススメです。能装束の一筆箋ってあまり見ないので特に!

残念ながら、大倉集古館は2019年まで改修中なのです。再オープンしましたら、ぜひ素敵なコレクションを見に行ってみてください。

ではまた次回!


大倉集古館

能装束「鬱金地垣に夕顔模様縫箔」クリアファイル ¥160(2012年当時)

能装束「白地石畳に菊唐草模様唐織」一筆箋 ¥360(2012年当時)