何を言っているかわからないよね…説明します…。

欲しいミュージアムグッズって何だろう?

私は、ミュージアムグッズを博物館経営論の分野から考察してきたので、「自分でグッズを作る」ことから無意識に遠ざかっていたような気がしています。

「大澤さんならどんなグッズが欲しいですか?」
「どんなグッズを作りたいですか?」

と聞かれることが増えてきました。ミュージアムグッズ愛好家で、デザイン学部出身とあらば、「あなたは作る人なのですか?」と捉えられてしまうのも当然です。

作ることから距離を置いてきた自分が、「私が欲しいもの」を考えるという作業は、結構苦しい。なぜなのか、そこら辺はもう少し考えます。

私の欲しいグッズかー、と悩み、それをきちんと言語化してこなかったことをちょっと悔やんでいます。でももし今、少しだけ言葉にしてみるなら、「元になる作品や資料へのリスペクトが伝わる、シンプルなグッズ」と答えるかもしれません。

SUZURIで原民喜を

ということで、ちょっとひとまず手を動かしてみよう。と、SUZURIに挑戦してみることに。

自分だけのオリジナルアイテムを手軽に作成・販売 | SUZURI(スズリ)オリジナルアイテムを手軽に作成・販売できるサイト、SUZURI(スズリ)。自分だけの Tシャツやスマホケースなどを簡単につsuzuri.jp

SUZURIは画像をアップロードするだけで、オリジナルのグッズが制作できるサービスです。

既に指定されたグッズに画像を載せるだけのものを、オリジナルグッズと呼んでいいのか…ちょっと疑問なので、あまり近づかないでいたSUZURI。

でもやはり、ロットが1つから作れて、HPのUIもハードルが高くない。そこは無視しないで自分で試したいなと。

で、グッズの題材を何にするか。

色々考えてみて、著作権が切れた私の好きな文学作品の一節を載せたグッズを作ってみることに。原民喜の『遥かな旅』より、下記の一節をグッズにしてみました。

焼け跡に綺麗な花屋が出来た。
玻璃越しに見える花々にわたしは見とれる。
むかしどこかかういふ風な窓越しに
お前の姿を感じたこともあったが
花といふものが
こんなに幻に似かよふものとは
まだお前が生きてゐたときは気づかなかった。
ーー原民喜『遥かな旅』より

私が心の底から愛するこの一節を、グッズにして身に纏えたらどんなにいいだろう?という自分の気持ちに従ってみることに。

あえて華美な装飾はせずに。フォントはあおぞら明朝(フリーフォント)で、現代仮名遣いに直しています。

クリアマルチケースとミニクリアマルチケース

まずはクリアマルチケースを作ってみました。

画像1

ミニマルチケースはこんな感じ。キーリングがついています。ちょっとフォントを大きくしすぎたかな…と反省。

画像2

クリアマルチケースはこんな感じ。これくらいの余白があった方がいいかもね。

画像3

私はこんな風に、眼鏡ケースとミニ財布として使ってみることに。

画像4

ミニ財布は、小銭と折りたたんだお札、スタバカードを入れて。ちょっとそこまでお茶をしに、というときに良いかなと。

画像5

眼鏡を入れてみても余裕なマルチケース。ペンケースにしてもいいかもしれないけど、傷がつかないかな。このクリアさがきれいで、幻っぽいので、大事に使いたいものです。

ウエストポーチと帽子

私は無類のバッグ好きなので、ウエストポーチも作ってみました。トートバッグでも良かったんですが、既にたくさん持っているので変わり種にチャレンジ。

画像6

こんな感じ、色は白です。ここからモデルは娘です。

画像11

思ったより中の物が透けますね…ハンカチの柄が透けている。あと、印刷の滲みが少し気になりました。これは私の画像サイズの問題?それともバッグの素材?ちょっと謎。

画像7

あとはバゲットハットという帽子を作ってみました。色は同じく白です。こちらの生地の方が滲まずきれいですね。

画像8

なかなかこういう、好きな文学作品の一節がまるっと載った帽子って見かけないので、差別化できていいかもしれない。詩や俳句、短歌でもいいかも。文学館のオリジナルグッズであったら買っちゃうかもしれない。

Tシャツも作った

グッズといえばおなじみの、Tシャツも作ってみました。

画像9
画像10

TシャツのサイズはLです。なので娘にはちょっと大きめ。

フォントサイズどれくらいにしようかかなり迷った…もう少し小さめに、ワンポイントっぽく作ってもいいのかなと思ったけど、ひとまずドーンと真ん中に。

娘の習い事(演劇)の付き添いで私が着ることが多いので、何か戯曲とか載せてもいいかもしれない。それこそシェイクスピアとか。

おわりに

持ち歩ける文学、身につける文学…この『遥かな旅』を想起させるグッズとしては、マルチケースのクリアさがいいかもしれないな。印刷も思ったよりきれいだったし。

というわけで、今回は自分でグッズを作ってみたわけですが、ここらへんの自分の活動との関係性は、もう少し時間を取って捉えなおしてみたいところ。今のところ販売予定はありません…反響があれば作るかもしれませんが、SUZURIそんなに難しくないので、皆試してみたらいいかなと思います。

何か色々作った割には悶々とした内容ですみません。今日はこんなところで。また次回!

—————————————————

ミュージアムグッズの薄い本「ミュージアムグッズパスポート」発売中です!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。

にほんブログ村 科学ブログ 科学館・科学博物館へ

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ

にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ

にほんブログ村 美術ブログへ