久しぶりに写真展に行ってきました。大丸札幌7階ホールで行われている『サプール写真展「平和をまとった紳士たち」』です。

サプールとは何か。展覧会のチラシより引用します。

今なお内戦がいまだに続くコンゴで、90年以上続く独自文化”サプール”。世界最貧国の1つと言われる暮らしのなか、1か月の収入をはるかに上回る高額なブランドスーツを身にまとい、街を練り歩く男たちがファッションを通じて平和のメッセージを発信しています。

そんな彼らの姿を撮り続ける写真家のSAP CHANOの写真と映像が展示されていました。

ファッションでの”抵抗”

この日は、SAP CHANOさんと、写真家のヨシダナギさんのトークショーもありました。その内容も含めて写真展を見た感想を残していきます。

SAP CHANOさん(左)とヨシダナギさん(右)

色使いが派手でおしゃれなサプールの紳士たち。ただ、上の写真を見てわかるように、コンゴという国は本当に貧しい国です。

CHANOさんも「彼らはお金もないのに人生の第一優先がファッションなんです。家はボロボロだし、食べるものはないんだけど服は綺麗。なぜ彼らがファッションに力を入れるかというと、コンゴは独裁政権で言論の自由がないんです。だから『服が汚れるから争わない』と言って、平和のメッセージを伝えているんです」と仰っていました。

また、ヨシダさんも「アフリカ人って確かにおしゃれだけど、あんなに暑いのにきっちりスーツ着ているのはすごい。そして所作がとってもジェントルマン。外見だけじゃないなってのがわかります」

そう、彼らは「本当の紳士」であるために、「平和への意思」を体現するために、相当な、壮絶な覚悟を持っているのかもしれない…と思い知らされてしまいました。だって自分の人生をかけているんだもの。

長く内戦が続く中で、自分の主義主張を伝えるにはどうすればいいのか。鮮やかな色遣いとスタイリッシュなお洋服、美しい所作、ビシッと決まったポージング。

ファッションは、自分を着飾ることは、実は他者へ発信するメッセージそのものなんだと、そして彼らが伝える強い反戦への思いがあの独特の鮮やかさに込められているのだと。上辺だけではない、彼らの奥深い思いに触れることができた写真展でした。

気に入った写真

それではここで、私が心に残った写真を紹介してみます。

KENZOの鮮やかなネクタイ。こうしてみると、KENZOのデザインはアフリカンプリントに通ずるものがあるのかもしれない…素敵…

そしてこのカフスがおしゃれでした。時計のデザインですよー!派手な腕時計、赤いパンツと合わせているのもお似合いです。

そしてこの少年の強い瞳。マイケルジャクソンみたい。非常にかっこいい。彼も素敵な紳士への道を歩むんだろうな。

購入したオリジナルグッズ

さてさて、オリジナルグッズもたくさん購入しましたので、紹介していきます。

アンバサダーのドン小西さんの観点から、おすすめのファッションが載った写真のグッズには「ドン小西おすすめ!」的なマークもついてました。それを一切選ばなかった自分…ドン小西さんと趣味合わない…

まずはクリアファイル。5種類くらいあったかな。カッコよく街を歩くシーンのにしました。

ポストカードもたくさんありました。こちらも集合写真をセレクト。

これはマグネット。ポラロイド風のデザインになっていて、冷蔵庫に貼ったりして、生活の中に自然に取り入れられるデザインにしたとのことです。

そしてこちらはメモパッド。中をめくると…

表紙のデザインのほかに、このデザインと…

このデザインが使われていました。

そしてこのノートが素敵でした。

ページにはサプールのメッセージが記されています。

最後には名言集も。ちょっと心が弱っちゃったらこれを見て元気をもらうのです。

最後にこちらの付箋を購入しました。

こんな風に、ノートからサプールが飛び出す感じで貼ると可愛い!と提案されていました。

他にもオリジナルのバッチやカレンダーなどもあり、充実したグッズコーナーでございました。

興味のある方はぜひ行ってみてください。ではまた次回!

———-

サプール写真展「平和をまとった紳士たち」

  • ポストカード ¥162
  • マグネットシート ¥432
  • メモ帳 ¥648
  • ミニノート ¥540
  • ダイカット付箋 ¥432
  • クリアファイル ¥378

———-

こちらの書籍も販売されていました。