実は昨年の7月より、北海道大学 学芸員リカレント教育プログラムに参加していたのでした。

学芸員の方を中心としたリカレント教育プログラムで、私のような愛好家も参加させていただき感謝です。

そしてついに!1年間の取組みの成果発表をする日がやってきました!私?私はもちろんミュージアムグッズについて…なんですが、今回は「ミュージアムショップにおける『成功』とは何か?」という、ちょっとチャレンジングなテーマで文献調査を行いました。その成果を発表します。


日時:2019年3月9日(土)10時00分〜16時30分

場所:北海道立近代美術館 講堂 (ポスター発表会場は2階映像室)
   札幌市中央区北1条西17丁目
   ※事前申し込み不要、直接会場にお越しください。無料。

ゲストコメンテーター:
   冨田 章 氏(東京ステーションギャラリー)
   佐久間 大輔 氏(大阪市立自然史博物館)
司会:谷古宇 尚(北海道大学 文学研究科 教授)

ポスターのPDFはこちらから。


私は13:00~14:50の間のどこかで登場します。順番はまだ未定です。

今もまだ最後の追い込み中でゲロゲロなのですが、ここまで一緒に走ってくれた先生や講師の皆様、仲間たちのためにも…そして家庭内ゼミで私を鍛え上げてくれた夫のためにも!いい発表ができるように頑張ります!

こちらの投稿も実はリカプロの研究なのでした。

他の方々の発表も、公開シンポジウムもとても興味深い内容です!展覧会と合わせてぜひご覧ください。どうぞよろしくお願いいたします!