【本日の一品】名品コースターでお・も・て・な・し

すっかりご無沙汰なこのコーナー、忘れられていないか心配です。
本日ご紹介するのは、数年前に松岡美術館で購入したオリジナルコースターです。私のミュージアムグッズコレクションの中でも、母親が絶賛していた一品です。

こちらを開けると…
5種類の紙製コースターが入っています。
元になった所蔵品はこちら!

松岡美術館所蔵の色絵磁器がコースターになっています。縁起が良いモチーフが描かれていたり、表現にひと工夫が施されていたり…と、目にも鮮やかなお皿たち。
5枚並べて額装しても絵になりそう。使ってよし、飾ってよし。

1セットしか購入していないので完全保存用ですが、使うとしたら目上の方や義理のご両親など、ちょっと上品におもてなしをしたいときに活用したいですね。

ガラスにも合うし…
マグにも結構合う…

ちょっと我が家に今日本酒のおちょこが無いので写真撮れなかったのですが、晩酌の時にも活用できそう。

展示で「素敵な皿…」と思ったものが、食卓でまた使えるのは嬉しいですね。ポストカードにするとかは結構あると思うのですが、またちょっと違うジャンルの紙物になっていると目を引きます。

ちなみにこちらの松岡美術館は作品の撮影・デッサンが可能です。それももちろん良いのですが、美しい陶磁器(もちろんほかのコレクションも素敵です)を心に焼き付ける手段の一つとして、ミュージアムグッズを手に取ってほしいなと勝手に思います。

このシリーズ、お仕事の繁忙期が過ぎたらもっとこまめに更新するんや…!また次回!

【本日の一品】科博トランプで未知の生き物に触れてみる!

のんびり更新中のこのコーナー。今回も私のミュージアムグッズ棚からお気に入りの品をご紹介します。

前回に引き続き、国立科学博物館のオリジナルグッズをご紹介。「かはくトランプ」です!

dsc00255
かはくトランプ/¥1,512

dsc00270%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ビニールのポーチにこちらの2品が入っています。

dsc00262
左の冊子にはこのように、どんな生き物が掲載されているのかが紹介されています。
国立科学博物館地球館1階の常設展示「系統広場」で展示されている2500種の生物標本・模型の中から、53種類がピックアップされ、トランプの表面として掲載されています。

この冊子がかなり充実しています。トランプのもととなった「系統広場」の紹介、展示の楽しみ方、掲載されている生物の紹介、コラム、生物の分類階級についての紹介、そしてオリジナルの遊び方の解説まで!
この1冊を読んでいるだけでも十分楽しめます。「展示の延長としてのミュージアムグッズ」という役割がきっちり果たされていてとっても好印象でした。

 

dsc00266

トランプの表面には1枚につきひとつの生物が載っています。和名、学名、分類、界の種類を表したマーク付き。かなり詳しいです。

スペードのエースは大腸菌。こういうセレクトたまりません。ちなみにジョーカーはというと…それは買ってみてのお楽しみ。このトランプにおけるジョーカーとは、生物多様性を守る切り札なのか、厄介なお荷物としてたらいまわされる役割なのか。果たしてそれは何か。ぜひ見てみて下さい。

dsc00263

ちなみに、元マジシャンの夫曰く、「トランプの裏面は上下どちらから見ても同じ柄の方が都合がいい」「濃い色でべた塗りにすると、擦れたときに汚くなるから扱いに気を使う」とのことでした…

これからミュージアムグッズでトランプを作ろうと考えていらっしゃる関係者の方がおりましたら、ぜひご参考に(笑)
それではまた次回!

 

【本日の一品】マスキングテープで小さな微生物の世界へ

ミュージアムグッズを毎回ご紹介するこのコーナー、「本日の一品」!

ちょっと準備に時間がかかっていて更新が滞っておりますが、気長に更新していきたいと思います。

dsc00271

dsc00274
お値段324円でした。

今回は国立科学博物館のマスキングテープをご紹介。種類はいくつかあるのですが、私はこの微生物のマスキングテープがお気に入りです。

他の種類はこちら↓

他の柄も可愛くて買うときにかなり悩みました。幅広の博物画風のイカはもしかしてダイオウイカ…?所蔵品を日常に溶け込む形でさりげなく紹介できるのも、マスキングテープのいいところですね。

dsc00276

dsc00279

ミジンコ、クンショウモ、ミドリムシ、ゾウリムシ、イカダモなど、小学生の頃に理科の実験で習ったような微生物たちがたくさん登場します。
学名と和名がちゃんと併記されているのも、国立科学博物館らしいですね。

dsc00280

じっくり見てみると、とても精密に描かれていることがわかります。博物館が開発するオリジナルグッズは、科学的な正しさを担保しているかがとても重要であり、博物館の責任でもあります。

でもこの精密さがあるおかげで、「ゾウリムシとミドリムシって似たようなものだと思っていたけど、こうやってみると全然違うね」とか「何か顕微鏡をのぞいてるみたい!」などと、いろんな感想が生まれるきっかけになるかなと思います。

dsc00288

雑貨として何気なく使ってもおしゃれなのでおススメです。
理系の友人あてへの手紙に張っても喜ばれそう。他の種類も随時集めていきたいところです。

それでは今回はこのへんで。次回の更新もお楽しみに!

茨城県北芸術祭で自分の鑑賞スタイルと公式グッズを想う

先月訪れた茨城県北芸術祭、前回に続いて今回は日鉱記念館と御岩神社に行ってきた時のお話です。

茨城県北芸術祭で山と海を同時に体感する旅へ
10月23日にKENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭(以下、茨城県北芸術祭)に行ってまいりました。2016年は瀬戸内国際芸術祭、あいちトリエンナーレ、岡山芸術交流、さいたま...

うのしまヴィラまで運んでくれたタクシーの運転手さんには帰りもお世話になり、日立駅まで送ってくれました。
帰りすがら、「御岩神社は行かないの?タクシーだとすごいお金かかるからオススメはできないけど、いいところだから良かったら行ってみなよ」と勧めてくれました。
御岩神社やその手前の日鉱記念館も芸術祭の会場。無料のシャトルバスもあるので、いそいそと向かうことにしました。

やっぱり急坂な日鉱記念館

日立駅からバスに乗り15分ほど。うねうねした山道を登っていくと日鉱記念館にたどり着きます。

日鉱記念館
日鉱記念館は、「未来と自然の調和」をコンセプトに、日立鉱山跡地に建てられました。 開館以降、学校など教育機関の研修や社会見学をはじめとして多くの皆様にご来館を...
敷地内ですらこの坂道。

元々炭鉱だったとは思えないほど、きれいに整備されています。ウイスキーの製造工場みたい。

何となく余市を思い出す感じ。

今回はあまり時間がなかったので、本館の中の展示と作品を見て回りました。

松田平田設計が手がけたモダンな建築です。周りの風景の自然と溶け込むシンプルさ。

日鉱記念館 | 松田平田設計
総合設計事務所[松田平田設計]は、1931年の開設以来、高機能ビル、公共施設、大規模集客施設など、誠実公正な設計監理を実施。また都市計画、免震・耐震・リニューア...
dsc08145
赤沢鉱山(日立鉱山の前身)の売買契約書

展示品は日立鉱山にまつわる様々な資料が展示されています。これは赤沢鉱山の売買契約書。

この印紙の数すごいですね。今でも私生活で使う契約書やら何やらがめんどくさくて悩んでいるのに、当時から印紙、割印文化だったんだなと窺えます。
どこで何をやるにも印鑑が必要で、本当これどうにかならんのかなとうんざりしている身に染みました(結婚にまつわる手続きの多さに閉口しているので、やややさぐれ気味にお送りします)。

dsc08158

当時の鉱山の様子。今の静かな森と同じ場所とは思えないほど、切り開かれていたようです。

”自分ごと”になる芸術鑑賞

dsc08159dsc08171dsc08167

活気があった鉱山のようで、当時の生活の様子が写真で展示されていました。

以前軍艦島を訪れた際も、当時の暮らしぶりを写真で見て一人で泣きそうになってました。何気にこういう展示に弱いのです。今は遠い昔、もう戻れない、活気があった頃の暮らし…泣ける…

こういう記念館を訪れる際は「展示のどの部分で、内容が”自分ごと”になるのか」を念頭に見ると面白いと思います。ぐっと気持ちが入ってしまう部分はどこか、ってことですね。
退職した元企業戦士であれば、日立グループの発展ぶりと働き盛りだった頃の自分を重ね合わせて見るかもしれませんし、建設業に従事されている方は模擬坑道を見ると、手作業で掘り進めた坑道に圧倒されるかもしれません。
仕事に限らずとも、庭で大根を干すお母さんが写った写真で泣けたり、部活動の写真で微笑ましい気持ちになったり。

「文脈」が大事とされている昨今ですが、自分は、作品や展示物のバックグラウンドを知って楽しむことにあまり興味がなくて、鑑賞する際はどこまで行っても自分の心の有り様にしか興味がないのです。
逆に、作品を見ることでイメージがどんどん膨らみ、新しい着想が引き出されていく作品が、自分にとって「良い」作品です。「自分ごと」になる作品や展示物を追い求めて生きています。
ここら辺、自分の鑑賞スタイルに関わるのでまたいつかどこかで書くとします。前提知識との付き合い方って本当に難しい。

Playable Sculpture(遊べる彫刻)/Tuksina PIPITKUL

展示のいちばん最後に作品が設置されていました。


dsc08188

岩を砕くドリルの一部を組み替えられるようにし、昆虫の頭のように変形できる仕組みになっているそう。

「遊べる彫刻」との謳い文句だったのですが、ガラスケースに入れて展示してありました。係員さんによると、部品が破損してしまったようでこのような対応になったとのこと。んー…見てるだけでは何とも伝わりにくかったので、触れないのはやっぱり残念です。

御岩神社でまずは天井画を見る

気を取り直してシャトルバスで御岩神社へ。この時点で時刻は16時近く。帰りのシャトルバスもすぐ出てしまうとのことで、帰りは路線バスを使用することにしました。

この時点でだいぶ陽が落ちかけています。

日本でも有数のパワースポットなだけに、ひっきりなしに参拝者が訪れています。若い女性も多かったかな。

dsc08202

dsc08205

関東といえど秋は深し、陽も落ち始めているので山の中はひんやりしています。綺麗に手入れされた木立が美しいですね。

dsc08208

御岩神社といえばこちら。境内にそそり立つ三本杉。樹齢500年と言われ、県指定の天然記念物になっています。

dsc08214

立派な樹です。バスの中で調べた情報では、かなりスピリチュアルなスポットとしても人気なようでした。
あまりにもパワーが強くて、宇宙から光の柱として見えるとかなんとか。逆に安っぽく映るから、そういう話なら知らなきゃ良かったな…(まだやさぐれ中)。

気を取り直して作品を見に行きましょう。斉神社の天井画です。

斉神社の内部。上を見上げると…
御岩山雲龍図/岡村美紀

おお!立派な龍が!
御岩山の上空を飛ぶ龍を描いたもの。公式サイトには「それはこれまでの天井画に描かれることのなかった、上空からの視点です。」とあるのですが、天井画ってどういう素材を描いていたんだろう…ちょっと含みを待たせた説明なので気になりました。

拝殿で風の姿を見る

次の作品を見に歩を進めます。拝殿の方へ向かう道すがら…

dsc08212

わ!左手方向になんか見えてきた!

dsc08210
杜の蜃気楼/森山茜

森山茜の作品です。木々の間で、キラキラした半透明のビニールが揺らめいています。風が吹くとシャラシャラと音がして、風の姿が可視化されたようでした。

シンプルな直方体で、龍や神社にまつわるモチーフを積極的に形にしたわけではなさそうです。その分見る人の想像する隙間を残しているのでしょう。

芸術祭の存在を知らないで参拝に来た方も多そうで、「え!なにあのヒラヒラ!」とびっくりしている方も見受けられました。人気のスポットを展示場所にするとこういうことも起こりえますね。

素朴な疑問なのですが、作品の設置場所ってどうやって決めるんでしょうね。
日鉱記念館然り御岩神社然り、美術館とは違う場所に展示しているので、場所の強みを生かせるのでしょう。
ただ、芸術祭に来た「観光客」を、「観光」という側面から主催者の思惑で「来て欲しい場所」に、芸術を使って誘導しているような印象も受けました。芸術祭として場所へのポリシーがないと、芸術祭巡りと称した観光地巡りになってしまいそう。

とはいえ、こういう機会でもないと御岩神社に来ることはなかったのも事実。パワースポットとして名高いところってどうしても足が遠のいてしまうので。

そんなことを考えながらぶらぶら歩いていると、杉林に囲まれていました。きれいに剪定されていますねー…

Processed with Rookie Cam

…こういう、丁寧に手入れされた空間ってちょっと怖くなります。パワースポット的なありがたみではなくて、威圧されるというか。

Processed with Rookie Cam

神聖な空間を維持するための人間の規律って、だるだるゆるゆる人間な私には圧が強くてちょっと怖いです。
特にここは人気の神社。一見して豊かな自然環境に見えますが、かなり細部まで人間が目を光らせることで、多くの参拝者を受け止めているんだなと感じてしまいました。

ちなみに帰りの路線バスが来るまで1時間。誰もいない野ざらしのバス停で一人待ち付けました。めちゃくちゃ怖かったです。寒いし…

公式グッズはこれでよかった…?

最後に芸術祭の公式グッズを買ってみました。

dsc08417
クリアファイル

と言っても購入したのはこのクリアファイルのみ…こんな風に、芸術祭のビジュアルイメージを展開して、トートバッグやマスキングテープやバッチにしているものばかりでした。

dsc08418

このデザイン自体は素敵だと思うのですが、どうにもワンパターンというか…
地元の商品に芸術祭のロゴが付けられたお土産があったのですが、これもどんな商品なのか、なぜ芸術祭で売られるべき商品なのかがわからず、いまいち心に響いてきませんでした。

どうせやるなら、あいちトリエンナーレや瀬戸内国際芸術祭みたいに、特産品をデザイナーがリデザインして地域の魅力を積極的に発信するとか、アーティストのオリジナルグッズを作るとか…

リデザイン | 瀬戸内国際芸術祭 2016
瀬戸内国際芸術祭は、美しい瀬戸内海の島々を舞台に3年に一度開催される現代アートの祭典です。

札幌国際芸術祭2014でも、商品のラインナップが個性的で、ルイ・ヴィトンとのコラボレーションもしていて、他の芸術祭との差別化を積極的に図っていました。

公式グッズ | 札幌国際芸術祭 2014
グッズの販売は終了しました。 x LOUIS VUITTON x moretrees SCARF SOLD OUT x LOUIS VUITTON x moretrees SCARF SOLD OUT x LOUIS VUITTON x moretrees SCARF SOLD OUT...

ミュージアムグッズ同様に公式グッズも、芸術祭のヴィジョンを表現する手段であるし、広告宣伝の役割だってあると思うのに。積極的に買いたいと思える商品がなくて、ちょっと残念でした。

dsc08419

ちなみに、今回は公式ガイドブックを買ってから臨みました。あまり中身は読めなかったのですが…
最新情報や作品情報は公式ホームページを確認するのが良いとして、観光ガイドブックとしての情報が豊富でした。

dsc08420

お食事情報もずらり。この海鮮丼食べたかったな…

茨城県北芸術祭レポートはこれにて終了。
次回はLIXILギャラリーのブックレットを大人買いした時のお話など書こうと思います。また次回!

ミュージアムグッズから読み解く!「速水御舟の全貌ー日本画の創造と破壊ー」

autumn

2016年10月22日に、青い日記帳×山種美術館 ブロガー内覧会 「【開館50周年記念特別展】速水御舟の全貌 ―日本画の破壊と創造―」(@山種美術館)をリアルタイムでレポートしよう!に参加してまいりました。


私はミュージアムグッズにとっても興味がある人なので、今回の展覧会や山種美術館について、ミュージアムグッズに関する感想と併せて書いてみようかと思います。

技法の確立と芸術家の執念

今回の展覧会は「速水御舟の全貌」というちょっと大胆なタイトル。
山種美術館の所蔵品や他館所蔵作品を交えて、作家の画風の変遷を辿っています。
個人的に面白かったのが、速水御舟の絵画技法について着目している点。
例えばこちらの作品。

dsc08007
【重要文化財】名樹散椿(昭和4年|山種美術館)

ご存知の方も多いかと思います。
昭和に入ってから初めて重要文化財に指定された作品、「名樹散椿」。
屏風に描かれた椿のダイナミックな枝ぶりに目を奪われます。
ここで注目すべきは背景の金地とのこと。

dsc08004

ガラス越しの撮影だったので、うまく伝わっているか微妙なのですが…この全くムラのない、しっとりとした質感の金地に圧倒されます。

dsc08002
左:箔押し、中:金泥、右:撒きつぶし(キャプションより)

この金地の技法の違いは別途解説がありました。
元々、蒔絵の職人だった御舟。そのノウハウを日本画に生かし、この撒きつぶしという技法を採用しました。
通常より粒子の細かい金の砂子を、均一に敷き詰めることで、この質感が生まれるとのこと。

dsc07999

生で彼の絵を見た後で、画面いっぱいに均等に砂子を撒く、その姿を想像すると、狂気すら感じます。これが芸術家の執念かと。
山崎館長のギャラリートークでは速水御舟の家庭的な人間味溢れる一面も紹介されていましたが、やはりこの絵を見てしまうと何も言えなくなってゾッとします。
展示では蒔絵師として活躍していた頃の彼の作品も展示されています。併せてぜひご覧ください。

こんな風に、今回の展示では速水御舟の絵画技法について着目する仕掛けがあったのですが、山崎館長のギャラリートークではこちらの屏風の技法についても解説がありました。
dsc08250

dsc08251
翠苔緑芝(昭和3年|写真撮影不可作品のためポストカードを撮影)

速水御舟の中でも一般的な知名度が高く、私もこの作品が一番好きです。
琳派を意識した画面構成の中に、単純化された築山や動物、それと対照的に精緻な描き込みが光る枇杷や紫陽花…描き方が異なる不思議な世界観なのに、一見しただけでは全く違和感がない。
作家のバランス感覚に頭が下がります。
ポストカードや画像で見るよりも、「屏風」を体験してほしい作品です。
屏風だからこそ、余白は空間となり、匂いたつ植物の気配と絵の中に流れる独特の静けさ、緊張感をより実感できます。

絵画技法から見ても、胡粉を重ね盛り上げて描く手法を用いており、特に紫陽花の表現では、速水御舟の奥様やお弟子さんの証言によると、薬品や重曹を用いた実験的な手法を取り入れて描いたとのこと。
それでも剥落がなく保存できていることに驚きで、作家の探究心が垣間見えます。おすすめ!

展示とミュージアムグッズとの関連性

個人的に、山種美術館のミュージアムグッズが大好きです。
その理由は挙げればきりがないのですが、やはり「再現度へのこだわりと、キュレーターのメッセージがグッズに反映されているところ」なのです。
例えばこちらの商品。

dsc08253
洋封筒「椿の花」(左)、「天仙果」(右)各¥250

余白が眩しい…これだけで1枚の絵のような完成度です。
画面構成とはなんぞやを意識させられます。
実際に使うとしても必然的に丁寧に宛先を書きたくなります。
もらった人も嬉しいですよね。

dsc08255

葉や実の表現に用いた滲みも見事に再現されています。
エンボス加工で浮き上がっているので、触って確かめてじっくり観察したくなる仕掛けです。
先ほどから何度も書いているように、今回の展覧会では作家の絵画技法について展示で言及していました。
なので、このグッズを手に取った時に、速水御舟の技法へのこだわりと執念を思い返すことができるのです。
展示でどんなところに着目してほしいのか、作品の再現度にこだわることでキュレーターのメッセージがより深く伝わるような気がしました。

もう一点、面白かったのはこちら。

dsc08243
グリーティングカード「翠苔緑芝」¥480

こちらのカード、封筒付きなのですがよく見ると封筒に穴が空いているのがお分かりになりますか?
カードを封筒に入れてみると…

dsc08245

じゃん!このように、兎と紫陽花にスポットが当たるのです!
もらった人も驚きのデザインですよね。

dsc08246

描かれているモチーフの可愛さに惹かれて封を開けると、「あれーこんな絵だったんだ、想像と違ったなぁ」「思ったより余白が多い…あれ、これって屏風だったの?」と、もらった人と作品の間に化学反応を起こし、新たなコミュニケーションが生まれる仕掛けになっています。
今回の展示と関連させてみると、兎と紫陽花の描き込み方の違いを思い返すことができ、封を開けた先に待っている自分の感動を増幅させることができるなと思いました。

dsc08247
封筒のフラップもちょっと変わった形。

ミュージアムグッズは博物館学の観点から「博物館のミッションを伝える手段であり、展示や教育プログラムの延長であり、来館者の満足度を支え、多様なニーズに応える手段である」と言われています。
個人的に美術館のミュージアムグッズは「おみやげ」としての側面が強い印象だったのですが、このような作家のこだわりやキュレーションのポイントをうまく反映させたものが買えると嬉しいです。
展示の延長としての役目を果たしているミュージアムグッズに出会える美術館だなと改めて思いました。

モチーフの抜き出しをするときに大切なこと

そして山種美術館のミュージアムグッズといえば、モチーフを抜き出してグッズ製作を行っている印象があります。

dsc08242
刺繍ミニタオル「翠苔緑芝」¥500

美術館のミュージアムグッズは作品を全図で使用し、クリアファイルやメモ帳などに印刷しているものがほとんど…というイメージがありました。
ご遺族や関係者の方々のご意向等事情があるのだと思うのですが、あまり美術館ごとの違いを感じられないなというのが正直な感想です。
その点、山種美術館のミュージアムグッズは「一味違うなぁ」と思うのです。

「特に弥夫人と和子氏への取材はいつも和やかな雰囲気で、時がたつのも忘れるほど楽しいものだった。」
「ご遺族に接しているうちに、筆者にとっての御舟は、過去の日本画家という存在から、次第に身近な存在へと変わっていった。」
速水御舟−近代日本画の前衛として
山崎妙子

上記の文章は本展の図録からの引用です。山崎館長がどんな想いで御舟と向き合い、ご遺族と交流を重ねてきたのかが窺えます。
オリジナリティ溢れるミュージアムグッズの製作においても、ご遺族と誠実に交渉を重ね、一つ一つ実現させてきたのだなと想像してしまいました。

dsc07987
ミュージアムショップの手書きPOP。

速水御舟という作家を紹介し、多くの方に知ってもらうために、まずは部分としてモチーフの可愛さや親しみやすさに着目してもらうこと。
私のような日本画初心者にはとてもありがたいです。
でも、そのようなミュージアムグッズが実現できているのは、美術館側の尽力の賜物だと思います。

dsc08234
金平糖「翠苔緑芝」¥900

金平糖が入ったケースも漆のようなしっとりとした質感です。
中にはモチーフの元となった作品の解説も封入されています。

dsc08240
ブローチピン「翠苔緑芝」¥950

こちらのブローチは純国産のクルミの木で作られており、非常に細かいタッチまで再現され、箱には箔押しがされています。
高級感がありながら、¥1,000以下で購入できることに感動しました。

dsc08248
刺繍シール 各¥1,000

ミュージアムグッズを作るには、美術館として権利者と互いに信頼しあうことが重要で、それがグッズとしてのオリジナリティに繋がってくるのかもしれない…そんなことを考えさせられました。

終わりに

今回初めてブロガー内覧会というイベントに参加させていただきました。
日頃展覧会を回るときはあまりイベントに参加しないので、非常に刺激的で興味深いひと時を過ごすことができました。

山崎館長のトークショーのときは「専門用語が次々と出てくる…結構ついていくのでいっぱいいっぱいだなぁ」と思っていたのですが、周りを見るとウンウンと頷きながら楽しんでいるご様子。
やはりこういうイベントに参加している方は知識も経験もおありですごいなーと思ってしまいました。私も勉強せねば。


興味湧きました。

奇しくも、この記事がこのブログの最初の記事となりましたので、これからもしつこく展覧会やミュージアムグッズについて書き綴っていきたいなと思います。
どうぞお楽しみに!