【本日の一品】小田隆さんの恐竜ブックマーカーがカッコいい!

もう年末なんですねー。なんだか実感がわかないまま新年に突入してしまいそうです。

この記事で今年最後の更新にしようかな?と思います。今回は古生物の復元画などを多く手掛けられている、小田隆さんのブックマーカーです。

[STUDIO D'ARTE CORVO]
STUDIO D'ARTE CORVO は小田隆の公式ウェブサイトです。

 

大人も使えるカッコいいデザイン…!プライベートでもビジネスシーンでも使えそうです。

もちろん恐竜好きの子供にもあげたいな。きっと喜んで「わ!トリケラトプスだ!!」と叫ぶんだろうな、恐竜の図鑑に挟むんだろうな、などと、思わずニヤニヤしちゃう一品です。

はー…(アップで見てその美しさにまたもため息)。

小田隆さんの細密で正確なイラストレーション。その良さを存分に生かしたブックマーカーになっています。これはぜひ実際に手に取って見てみてほしい!

小田隆さんのオリジナルグッズは他にも、トートバッグや缶バッチ、系統樹マンダラ(これはまた別の機会にご紹介したい)などにも展開されていますので、お見掛けの際はぜひ注目してください!

それではまた次回。よいお年をー!

小田隆さんのTwitter↓

————————————————————

小田隆 Dinosaur Bookmarker ¥945

2017年に読んで面白かった本ベスト5

毎年毎年、やろうかなーと思っては心の片隅でくすぶったまま消えていくこの企画。

年賀状もおせちも作れないのに、ましてやブログの更新などできるわけなかろう!という例年の年末進行でしたが、今年はちょびっと心に余裕ができたのでやってみることにしました。

いつか「この企画やらないと年が終わる気がしないなー」とか言ってみたいもんです。なのでやります。

2017年に読んで面白かった本、なかでも2017年に出版された本に絞って(じゃないと選んでるだけで今年が終わる)、5冊選出してみます。

Vol.1 「美術ってなあに?」スージー・ホッジ

これは娘と読む用に買いましたが、私も唸るところが多い一冊でした。

「目も鼻もない棒みたいな人の絵がなんでアートなの?」「こんなの、僕の妹だってできるってば!」「頭がよくないと、アートのすばらしさはわからないの?」などと、よく鑑賞教育で問われるような疑問でありながら、美術館で大声でこんなこと言っちゃう人がいるようなテーマばかり。

子どものうちから「アートってよくわからない」が染みついてしまうのは悲しいことです。ホントは自分の見てる景色や感情の渦巻きによって、ふっとその心に分け入ってくる作品があるかもしれないのに。

アート…というか、アートによって映し出される心象風景や見たこともない世界を見つめない、あるいはその余裕がないのは大人の方なんですよね。子どもはそれを真似して言っちゃうし。「アートってよくわからない」って。

だからこそ、ぜひ大人にも読んでほしい一冊だなと思います。私も、自分があまり触れてこなかったジャンルの展覧会に行く前にこの本を読んだりして、心と頭を柔らかくするようにしています。

Vol.2 「ミュージアムの女」宇佐江みつこ

美術館には様々なお仕事がありますが、本著では岐阜県美術館の受付や監視員の方々のお仕事にスポットを当てています。

その仕事の特殊性からか、作品保護の観点で美術館の中の世界を語るというのはなかなか新鮮な内容です。虫を捕らえて古封筒に入れて密封し、報告書を書く姿とか、コミカルで面白いのですが、その日々の細やかなお仕事っぷりに頭が下がります。

コラムでも「学芸員になる人」というテーマでは、「実技専攻から学芸員になった人に出会うと、相当な努力をされたのだな…と」というようなことが書いてあって、美術に携わる人を一緒くたにしがちな私たちの考え方をひっくり返してくれます(詳しくはぜひ読んでみてください!)。

地方の公立美術館からこのような面白い本が出たことが本当に嬉しいです(何様)。ミュージアムショップも面白いですし、岐阜県美術館の活動にこれからも注目していきたいですね。

Vol.3 「アルカイダから古文書を守った図書館員」ジョシュア・ハマー

こういうノンフィクションを読むのは割と珍しいです。が、タイトルの衝撃に惹かれ書店で手に取ってしまいました。

西アフリカのマリ共和国にあるトンブクトゥという都市。ここには各家庭でひっそりと、大事に保存され受け継がれてきた大変貴重な古文書がありました。これらは図書館に少しずつ集められてきたのですが、マリ北部を制圧したアルカイダから、いかにこれらを守ることができるのか…!

この内容だけでグッときませんか。「アフリカの古の学術都市」ですよ。もうワンピースの世界かよっていう。

なぜトンブクトゥが古の学術都市になったのか、古文書が図書館に集められるまでの苦闘も描かれているので、これを読むと私たちの知らないアフリカの姿を知ることができます。

もちろん、アルカイダから古文書を守るために奮闘する姿は、映画ではなく本当にこんな世界があったのか…と、自分の無知っぷりにも胸が痛みます。

そして、命を懸けて貴重な古文書を守り抜いた図書館員に心からの敬意を示したくなる。そんな一冊です。

Vol.4 「今日の人生」益田ミリ

益田ミリさんの作品が私は大好きで、これまでの作品の中でも一番好きかもしれない。ミシマ社のウェブマガジン「みんなのミシマガジン」で連載されていた作品です。

「今日の人生」という書き出しで始まる漫画たち。2コマで終わるような短いのもあれば、まるでエッセイを読んでいるようなグサッと深い漫画もあり、めくるめく、何でもない人生のなかで「人生の美しさ」を漏らさず書き取っている一冊です。

そもそもこの「日々の人生の中で、胸がいっぱいになった瞬間を取りこぼさずに描く」というのは益田ミリさんの作品全体に通ずるテーマなのだと思います。

『どんな瞬間も宝物』『当たり前の日常が一番大事』という、口に出した瞬間から腐り始めてしまいそうな、よくあるポップソングで使い古されてしまったようなフレーズも、実はそれは真実なのだということを証明することに、益田ミリさんは命を懸けているのではないでしょうか。その命がけの優しいエッセイに涙が出ます。

Vol.5 「降伏の記録」植本一子

写真家でありながらその素晴らしい文才に毎度胸を打たれる、植本一子さんの最新作。

夫であるECDの癌が発覚してからの日々、子育てに仕事に看病に心と身体をすり減らしながら、まさに魂をも削って書いた渾身のエッセイです。

「かなわない」「家族最後の日」に続き、日記と書き下ろしというスタイルをとっています。なのでこの2作を読んでから今作を読むのがいいかもしれません。

この方は本当に存在自体が写真機のような、「こぼさず隠さず書く」という、私だったらとても勇気が出ないことをやってのける稀有な書き手だと思います。

植本さんの著作を他人の日記を読むように楽しむ、という方法もあるかもしれませんが、少なくとも私は自分の暮らしと重ね合わせて泣きましたし、書くことで必死に生きている方の存在に救われています。

今作の作中にもあるように、全2作は家族やこれまでの植本さんに関する情報が少なくて、彼女の行動に対する批判も寄せられていました。

今回はそれを振り切るように、本当にすべてを書ききっています。何とまぁ、苦しかったことだろう…と涙が出ます。まずはお身体ご自愛ください。幸せになってほしい、と僭越ながら思いました。

最後に

いかがでしたか?自分なりには渾身のセレクトだったかなと思います。まだまだ他にもご紹介したい本はありました。皆さんの「2017年に読んで面白かった本」もぜひ知りたいです。

あと5本!と言われたらこちらかしら…↓

年内にもう一本くらいはブログ更新できるかな?それではまた次回!

【本日の一品】神田日勝記念美術館のメモ帳

本日のご紹介は、神田日勝記念美術館のミュージアムグッズです。神田日勝記念美術館、私大好きなんですよね。作家自体も大好きなのですが、美術館自体も美しく、十勝の環境にあった素敵な空間だと思います。

北海道 鹿追町 神田日勝記念美術館
北海道 鹿追町 神田日勝記念美術館の公式ウェブサイトです。

 

さてさて、いくつかグッズがある中で私が選んだのはこちら。絵の具のチューブをモチーフにしたメモ帳です。

ただのメモ帳じゃないところがいいですよね。真ん中に描かれている作品は、神田日勝の「画室A」です。なるほど、ここからメモ帳の形を決めたのでしょうか。

四角いメモ帳よりも、こちらの形の方が絵の印象が心に残ります。他の人との会話のきっかけにもなりますしね。何より、混沌とした神田日勝のアトリエの様子に俄然興味がわいてくるかもしれません。

それではまた次回!

神田日勝記念美術館のTwitter↓

【本日の一品】明星堂さんの三角紙しおりで昆虫採集を身近に!

今回は明星堂さんの「三角紙しおり」をご紹介します。

明星堂さんと聞いて私が真っ先に思い浮かぶのが、電球などのガラスの中にタンポポの綿毛が入ったこちらのオブジェですね。

標本のようであり、実験器具のようでもある非常に幻想的な作品を多くつくられています。そんな明星堂さんの作品でグッときて購入したのがこちら!

チョウやトンボなどを採集する際に必要な三角紙。こちらをしおりにしてしまったのです。

私は日常的に昆虫を捕まえたりはしないのですが、むかーし博物館実習で標本を作った際に使用したので、この作品を見かけたときは思わず「懐かしい!」と声をあげてしまいました。

「中の虫は本物ではありません」との表記があるほどに、丁寧にチョウの絵が描かれています。

言われてみれば確かにしおりにぴったりな三角紙。なのにどうして思い浮かばなかったんだろう?と思うほど斬新なアイデアです。

昆虫が好きな方へのさりげない贈り物にも良さそうです。ページを開くたびにニヤッとしそう。

このような、研究に必要な「道具」をグッズにしてしまうというアイデア、個人的にとても好みなので、今後もどんどん集めていきたいものです。

それではまた次回!

明星堂さんのTwitter↓

【本日の一品】宇宙と芸術展で購入したグッズ

昨年見に行った「宇宙と芸術展」のグッズを、まとめて一挙ご紹介します!

 

まず購入したのはこちらの3点。すべてワッペンです。TYPE-A、TYPE-B、TYPE-Cの3種類がありました(もちろんすべて購入しました)。

オリジナルグッズでワッペンを作れるってちょっとすごいですね。巡回するとはいえこの展覧会のために。

私はこのTYPE-Aが好きです。森ビルから飛び立つスペースシャトルが描かれています。他の2点もそうですが刺繍が細かいですよね。もったいなくて使えないですが、服の胸につけてもかなり良さそうです。

続いてはこちらのマスキングテープ。

ちょっとこの状態じゃわかりにくいですが、太陽系の各惑星の大きさをテープのボーダーの幅で表しています。

水星の小ささ、木星や土星がいかに大きいかがよーくわかります。ナイスアイデアな商品でした。

続いてはヴァンサン・フルニエの「火星砂漠研究基地#11」の缶バッチです。

作品自体も幻想的で大好きだったので購入しました。これは普段使いにもいいですね。雪が解けたらカットソーの胸元につけて歩くのもいいかも。

最後はトム・サックスのドローイングが描かれたシールです。作品が非常に迫力があったのでその思い出として購入しました。味があっていいドローイングですね。

この展覧会はオリジナルグッズが数多く展開されていて、どれを購入しようか非常に迷いました…他のグッズはこちらから閲覧できます。ぜひチェックしてみてください。

それではまた次回!

——————————————————————————
宇宙と芸術 ミッションワッペンA
宇宙と芸術 ミッションワッペンB
宇宙と芸術 ミッションワッペンC
各918円(税込)

「水金地火木土天海」
マスキングテープ 432円(税込)

ヴァンサン・フルニエ
火星砂漠研究基地#11 缶バッチ 540円

トム・サックス シール(価格不明)

【本日の一品】ゴッホ展オリジナルグッズ~ゴッホ展を娘と見た思い出~

前回の記事と少々つながる部分はあるのですが、9月の初めころに娘とゴッホ展に行ってまいりました。

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢
ゴッホ展 巡りゆく日本の夢の公式ホームページです。北海道立近代美術館で2017/8/26~10/15まで開催。その後、東京都美術館で10/25~2018/1/8まで、京都国立近代美術館...

娘に「ゴッホといえば何が思い浮かぶ?」と聞くと、「うーん…ひ、まわり?」と首をかしげていたので、こりゃ連れて生きがいがあるなと思いました。

ただ、当日の会場は大混雑で、しかもテーマが「ゴッホのジャポニズム」。「ねーねー今回はひまわりないのー?」「ないない、でも他にも面白い作品たくさんあるよ」と、人ごみの中で何とか娘の手を引いて進んでいきました。

あなたはどの作品が好き?

今回の展覧会、後半にはゴッホと日本の交流が示された資料が中心だし、どうしても娘も飽きてしまいがち。ということで、娘と「この展覧会で一番好きだった絵を探してみようゲーム」をしてみました。

娘のお気に入りはやはりゴッホの「寝室」。

 

明るい色彩と、自分の部屋の間取りに似ているそうでどうも好きらしい。

あと、ゴッホの『花魁』の元になった、渓斎英泉『雲竜打掛の花魁』もよく見ていました。

フィンセント・ファン・ゴッホ-日本趣味 : 花魁-(画像・壁紙)
フィンセント・ファン・ゴッホ Vincent van Gogh:後期印象派の中でも最も名の知られたオランダ出身の画家。絵の具の質感を顕著に感じさせる力強く荒々しい、やや長め...

 

歴史漫画で絵師の木版画について読んだばかりだったようで、「これは北斎とか広重と同じように描いて刷ったの?」等と聞かれたりしました。

私?私は断然、「夾竹桃と本のある静物」ですね。

ゴッホがアルルに住み始めた直後に、

ぼくはまた、門の前に樽植えにして夾竹桃を二本、植えようと思っている

と書簡に書いたようです。「もーーナイスアイデアだよそれ!私もやりたい!ねぇ一緒にやろうよ!」とゴッホの絵に話しかけてしまいました。

もともと静物画ってその魅力がぴんと来なかったのですが、ゴッホのおかげで大好きになりました。この匂い立つような夾竹桃、人の目線を感じる構図と本の配置。あーたまらん。何と美しい絵なんだろうと思います。

娘とそんな感じで、自分の好きな絵への思い入れを話しているだけであっという間に時間が過ぎてしまいました。

生活の中のゴッホ

展覧会を見終わってからも、書店に並ぶ関連本を見つけては、「あ!ゴッホあるよ!」と娘が叫んだり、他の作家の絵も見ては「色とかなんかゴッホみたいじゃない?」「今日の私の服装、何かゴッホの絵みたい!」とか言い出したり。

彼女の中で「○○のようだ」の中に、「ゴッホ」が入った瞬間に立ち会えたなと思います。

そう、きっと私たちの暮らしの中に、ゴッホやマネやピカソの作品はあるのです。相手や自分の心情、環境の変化に鋭敏になり世界を見つめることで、私たちはそこに画家たちが描いてきた世界を見ることができる…と思うのです。

先日、弦巻楽団の「リチャード三世」を拝見した時も同じことを思いました。

弦巻楽団「リチャードⅢ世」を観劇しました!

薔薇戦争は本当に過去のことなのか?
イギリス王室の骨肉の争いは現代にあるのか?
そして、あなたの身の回りにリチャード三世のような人間はいないか?
リチャード三世はもしやあなたではないのか?

これから彼女が生きていくうえで、様々な演劇や美術などに触れていく機会が多ければいいなと思っています。

それは過去を、今を、未来を、世界を、自分の内側を、宇宙までを一度に見通せる強い目を持たせてくれるのだと、私は信じています。

お待たせ!ミュージアムグッズです!

今回もたくさんオリジナルグッズを購入してしまいました。内容も充実していて大賑わいでした。

まずはマスキングテープです。

わたしは花魁柄にしました。なかなかサイケデリックで可愛いです。

そして、「夾竹桃と本のある静物」の一筆箋。

ポストカードとボールペンのセット。

クリアファイルは寝室にしました。部屋に飾ってもよさそうです。

お気に入りはこの付箋。絵の中のモチーフを付箋部分に採用したもの。あまりにもかわいいので3種類コンプリートしちゃいました。

この折り紙もちょっと変わっています。

柄は6種類入っています。自画像、花魁、寝室ですね。この3種類がオリジナルグッズ全体のメインの絵になっていたのかもしれません。

娘が見つめる中、グッズを買いあさる母を…どうか許してください!

それではまた次回~!


ゴッホ展 ミュージアムグッズ

A4クリアファイル ¥400

折り紙 ¥550

付箋 ¥550

一筆箋 ¥420

マスキングテープ ¥550

ポストカード ¥120


 

弦巻楽団「リチャードⅢ世」を観劇しました!

久しぶりに娘と演劇を見に行きました。弦巻楽団の演劇講座である「舞台に立つ」シリーズ、今回はリチャードⅢ世です。

さて、娘にとっては初のシェイクスピア、あんなに長い難しいセリフを聞いてちんぷんかんぷんにならないか?物語の背景をあんまり理解できないまま進んでもOKなのか…?などなど、母としてはいろいろ準備しようか迷ったのです。

でもね、その準備した「知識」を追いかけることが「観劇」になるのは嫌だなと思って。やめました。準備するの。簡単なあらすじだけ話して会場へレッツゴーー!

今はわからなくてもいい

まー小学生なので、途中でやっぱりちんぷんかんぷんになってましたけども、印象に残るシーンはあったようで。

「相馬さんの迫力すごい…!」「最後にリチャードを殺した男、ちょっとカッコよかったよね」などとポツポツ感想を漏らしておりました。

帰り道の新さっぽろ駅のエスカレーターでシェイクスピアごっこするくらいには楽しめたようです。よかった!

なんで小学生にシェイクスピアを見せるの?

全然関係ない話ですが、娘とこの間北海道大学総合博物館に行ったんです。すると触れる展示品の中にダイヤル式の黒電話があって、「これなにー?」とか言いながら、初めて触る黒電話の楽しさとその使い方を学びました。

するとすぐ次の週に、社会の授業で警察署に見学に行ったらしく、「110番の由来は黒電話のダイヤルからきている」と教えられ、ほかの子に比べ娘はより深くその話が心に残ったそうなんです。「あの時触っておいてよかったねー」と言っていました。

私が子供にシェイクスピアを見せたのも、同じ理由かもしれません。今はちんぷんかんぷんでもいい。難しいセリフしゃべって争いまくってんなーでもいい。

弦巻楽団「ナイトスイミング」を見せた時もそうです。

娘が現代文の授業で「走れメロス」を読み、その胸に深い感動を再度味あわせるための財産なのです。

彼女が世界史を学んで薔薇戦争の何たるかを知るとき、リチャード三世もまた、彼の人格を作り上げるような、恐ろしい歴史と環境の中で生きていかねばならなかったことを、娘は知るのだろう。それが私の何よりの楽しみです。

ちなみにゴッホ展もそうでした。展覧会が見終わった後の娘の後日談とかも面白かったので、購入したグッズと合わせてご紹介したいと思います。

それではまた次回!