札幌演劇シーズン2017で「Princess Fighter」を見てきました!

札幌演劇シーズン2017ミュージカルユニットもえぎ色 公演 「Princess Fighter」を見てきましたのでレポートします!

公演期間内にアップしようと思ったのに叶わなかったーー!ぐへーすいません。

写真撮影OKなのが嬉しかった!

そう、日によって公演本編の写真撮影がOKで、私たちが行った8/9(火)はちょうどその日!嬉しかったー。なのでガンガン撮りまくってしまいました。ありがとうございます!

8/9のシンデレラ役は、ダブルキャストで恒本寛之(もえぎ色)さんが出演の日。前説の際にカメラを向けたら目線をいただいてしまいました。

可愛い可愛い皆様(西村海羽(もえぎ色)/かとうめいこ(もえぎ色)/鈴木咲良/左海千優/左海夢依)による前説たまりません。

娘と悶えて、まんまとパンフレット買ってしまいました。今でも読み漁っているので買ってよかったと思います。

写真をダダダっと

さて本編。娘にとっては初めてのミュージカル。いつか見せに行こうかとは思っていたのだけど、まさかもえぎ色が最初になるとは!

一癖も二癖もあるけど多幸感たっぷりで笑える舞台。間違いなく娘は楽しんでいました。

今回の脚本は深浦佑太(ディリバレー・ダイバーズ)さん。娘に「ほら、この間の『ナイトスイミング』で主演をやられていた方が脚本書いたんだよ」と教えると、「何でもできる人なんだね…やばい…」とビックリしておりました。

それではお写真。ネタバレにならない程度に載せていきます。

オープニングの美しいドレスと華やかな舞台で、娘はもうメロメロ。

今思えば、この時点でラストへの伏線があったのだな…と写真を見返してみて唸りました。

個人的に青木玖璃子(yhs)さん演じる魔女のお衣装が素敵でした。THE・魔女って感じ。ディズニー感がすごい。

妖精たちはもちろん天使。

友情に熱い眠り姫のイーバラ(国門綾花(もえぎ色))と、白雪姫(塚本奈緒美)の関係性が物語の中心でした。

この、姫×姫というのが、アナ雪に浸ってきた娘にとって違和感なく物語の世界に入り込めた理由なのかなと思います。

現実世界にいたら非常にめんどくさい性格のおやゆび姫、マイア(長麻美(エンプロ))の存在感も良いスパイスでした。物語内での笑えるシーンにかなりマイアが絡んでいたように思います。

シンデレラのエラが男というのも鍵です。彼の存在があることで、戦いのシーンでピリッとした緊張感がありました。そして、「姫」の多様性をここにこうやって入れたのか…と唸るものがありました。

光燿萌希(もえぎ色)さん演じる人魚姫、アリーの歌声は素晴らしかった。いや、出演者の皆さまほんっとに歌声すごかったんですが。

アニメのミュージカルばかり見ていた娘も、生の人間が、演技して歌って踊るという本当のミュージカルに圧倒されていました。そうそう、こういう生の迫力を体感してほしかったのです。

そしてこのエンディング。やー泣けましたな。

女が自分の孤独とどう向き合うか。どう一緒に生きていくか。というテーマを自然と考えさせられました。

お楽しみのレビュータイム!

本編終了後はお楽しみのショータイム!こちらももちろん娘は初めて。

国門さんセクシー!この日は皆さんセクシー多めで、娘も「おっ〇い!見えそう!!すごい!セクシー―!」というような状態になっていました。ノリノリの母でごめんな。

「かっこいいー可愛い――私も踊りたいよーー」と、親子で感情が忙しい。

光燿さん、国門さんのこの笑顔にジーンとなる。

印象に残ったシーン

もうここからは雑談ですが、印象に残ったシーンや、娘の言葉などをずらっと載せていきます。

白雪姫役の塚本さん、この髪形のときのお顔、どなたかに似ていらっしゃる…と公演中ずーっと考えていたのです。そして思い当たりました…

うあああ!先日引退した嗣永桃子ちゃん(以下ももち)や!!!

白いお肌に長い手腕、もうここからはももちにしか見えなくなっていた私でした。

カントリーガールズのファンで、握手会にも行っていたくらい好きだったので、もう「あぁーー塚本さん―――ももちーーー(涙)」みたいになっていました。塚本さんごめんなさい。でもファンになってしまいました。可愛かった――。

そして私の好きなキャラクターがもう一人。宮永麻衣(もえぎ色)さん演じる、魔女の側近のコノイ。自分の役割に忠実でありながら、この方もまた内なる葛藤があったんですよね。

宮永さんのコノエは冷たさのなかにも人情味を感じたのですが、ダブルキャストの岩杉夏さんのコノエはどうだったのでしょう。そちらも見てみたかったなー。

そして魔法の鏡役の森髙麻由(もえぎ色)さん。終演後にレビューショーのお衣装でお見送りしている森髙さんを見て、娘は「嘘!鏡役の人!?全然違う!!別人だよ!!」と一番衝撃を受けていました。

ちょっとポップでダークな鏡の印象と、普段の森髙さんが全然繋がらないようで、役者さんの凄みをまたここで感じたのではないかなと思います。

最後に

Twitterに載せた感想が全てだったと思うんですが、美しい皆さんのお姿を載せたいがためにブログ書いちゃいました。はい、素敵でした。

舞台の上で楽しそうな、いかれたお姉様たち(めっちゃ褒めてる)を、娘に見せられてよかったな…

自分なりの表現や、心の糧や、宝物みたいなものを、これからの娘の人生の中で見つけていってほしい…というのが、私はいろいろ舞台とか展覧会に親子で行く最大の理由です。重いですかね。

でも親が子に与えられるのは「自尊心を積み重ねる材料」ぐらいなもんで、私には大人が楽しそうに生きてる姿を見せてあげることしかできないんす。むしろそれを精一杯自分の人生でやろうかなと。何より自分がめっちゃ楽しんでるしね。

そんな感じで、「またもえぎ色の舞台観たい!ほかの演劇も!!」と言っていたので、こちらとしてはうっしっし…です。

次回はクラアク芸術堂の「半神」が観たいそうです。ナイトスイミング以来、山木眞綾さんが気になっているそうなので。チケットまだとれるのかしら…

そんなこんなでまた次回でございます!ではー!

【SIAF2017】さっぽろ八月祭2017の盆踊りに行ってきました!

2017年8月5日に、札幌市北3条プラザで開催された、さっぽろ八月祭2017に行ってきました。
日中は子供の宿題やら工作の準備やらがあったので、参加できたのは夜から。ちょうど夜の盆踊りが始まるところでした。

さっぽろ八月祭スペシャルバンドの演奏がとにかく最高でした。普段はここに活動されているアーティストの皆さんが、このお祭りのためだけに集結。

「さっぽろ八月祭音頭」やあまちゃんのテーマソングをグルーブ感たっぷりに演奏してくれて、自然と身体がソウルフルに動き出します。

赤レンガテラスも向こうに見える、最高の会場です。踊り子さんの踊りも素晴らしかった。

協賛も大風呂敷。手書きの文字が最高ですね。子供のころの盆踊り会場を思い出します。地元の建設会社や電気屋さん、ガス屋さんとかがこうやって協賛してたな。懐かしい。

一緒に参加した我が子は盆踊り初体験。
最初は「踊り方もわからないし恥ずかしい」と言っていたのが、最後の方には、「踊り子さんのダンスを近くで見たい!」と櫓の方に積極的に近づき、一人で知らない大人たちと踊り、帰り道も踊りっぱなし。かーちゃん嬉しいよ。

ちびっこたちの浴衣姿をたくさん拝めて眼福です。櫓も風呂敷で敷き詰められていました。大風呂敷プロジェクトの皆さんの努力が窺えます。お疲れ様です!

最後の方はこんな感じ。このどこかに我が子がいます。(良い意味で)変な大人たちばかりでよかったね。こういう人たちにたくさん出会いながら、成長してほしい。

最後に

大友さんがこの芸術祭全体で伝えたいことが詰まっていたお祭りだったと思う。老若男女、どんな人もごちゃ混ぜになって踊ること。初めてでも、わからなくても、まずは一緒に歌って踊って生きること。そう、生きること。

「やり方がわからないからやらない」と言いがちな我が子も、見よう見まねで踊りの雰囲気に身を任せて、自分で「やってみる」を実践できていました。その体験をさせてあげられて本当に良かったと思います。祭のスタッフの皆さん、本当にありがとうございます。

芸術祭も家族で見に行くぞー!たっぷり満喫します!

 

こちら購入しました!

こちらも買わねばね!

【本日の一品】アンティーク市でお迎えした花器

 

2か月ぶりの更新です!ちょっと体調不良で大人しくしているのですが、ネタはあるので徐々に更新していきますよ!

ということで先月、「北海道アンティーク骨董ジャンボリー」に行ってまいりました。1年に1度札幌で開催される、北海でも最大級のアンティーク市です。

北海道アンティーク骨董ジャンボリー
年に一度札幌で開催、北海道最大のアンティーク/骨董品に特化した展示即売イベントです

 

私も今年が初参戦!約30店前後の業者や店舗が参加しており、来場者もご年配から若い人まだ幅広い世代が楽しんでおりました。

私が購入したのはこちらの花器。試験管もアンティークです。北広島に実店舗がある「かくれ家」さんで購入しました。

かくれ家*kakureya*HOKKAIDO
2017.4.14open*北海道 北広島市にある古物、雑貨のお店です

 

実際に花を飾るとこんな感じ。何かおしゃれなショップにありそうですね。

使われているすりガラスもキレイ。いくつか種類があったのですが、おばあちゃん家にあるっぽいデザインを選びました。

食卓に飾ってみました。レトロな我が家(かなり古い)にも馴染みます。

既製品では出せないような味わいがある物を、吟味して探せるのがアンティーク市のいいところ。買い過ぎに注意しつつ、また来年も楽しみです!

それではまた次回!